リノベーション

リノベーションによる、新しい住み方

そもそも”リノベーション”とは?中古住宅を、現代のライフスタイルに合わせた自分好みの住まいによみがえらせること。

リノベーションは、建物をスケルトン(構造体)とインフィル(内装・設備)に分けて捉え、ライフスタイルの変化や老朽化によりニーズがあるインフィルを一新する手法です。

最近「リノベーション」という言葉をよく聞くと思います。一般的に「リフォーム」の工事で行われるのは、主にクロスや床材の張替えなど古くなったものを新しいものに置き換えることに対して、「リノベーション」は、新しくはじめられる暮らしのイメージを元にプランをご提案し、機能・価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した、包括的な改修を行うことです。
例えば、古いマンションをいったん躯体のみのスケルトン状態にしてから、現在のライフスタイルに合った間取りと最新の設備に刷新し、住戸を丸ごと新築同等の状態に変えてしまうことです。時を経ることで建物は古びていきますが、リノベーションによって新たな価値を与え、魅力的な住まいとして生き返らせることができるのです。「昔からあるもので、残した方がよいもの」を生かし、「刷新した方が良いもの」を選択しながら、オンリーワンの空間をつくりあげます。

リノベーションを考えるタイミング

リノベーションは、ライフステージと密接な関係があります。自分の中で価値観が変わる時や生活スタイルが大きく変わるとき、つまり自分自身をリノベーションする時こそが住宅のリノベーションにオススメのタイミングです。

  • 一緒に暮らしたい大切なパートナーと出会い、結婚を考えている。
  • 子どもが生まれ、家族が増えた。
  • 仕事で独立開業したので、住居と事務所を兼用したい。
  • 子どもが独立し、夫婦だけの生活が始まった。
  • 定年退職し、第二の人生用にマイホームをカスタマイズしたい。

さまざまなシーンに合わせてできるリノベーション。あなたが考える空間にチェンジします。

リノベーション住宅のメリット

コスト
同じ地域・広さの新築と比べて一般的にリーズナブル。
コスト
住みたい街は新築が少なく、価格も高い人気エリア。でも中古に目を向けたら条件に合う物件が見つかります。
コスト
新築に比べて資産価値の目減りが少なくて住み替えもしやすい。
コスト
よく手入れされた板廊下、庭の柿の木など、祖父が暮らしていた昭和初期の家をリノベーション。味わい深いです。
コスト
まだ使えるものは使う。エコライフなリノベーションです。

集客率アップを目指す、オーナー様向け賃貸リノベーションもあります。

賃貸物件の経営は、入居率が下がると経営効率は悪くなり当初計画していたような収益が望めなくなり、賃貸物件の維持費などのリスクが増してきます。空室率を低くし、入居者の定着や稼働率を上げていく事が、賃貸物件の経営にとって最重要の課題とではないかと考えています。

こんなことでお悩みではありませんか。

  • 入居率が悪い。
  • 安定した家賃収入を上げたい。
  • 内装の老朽化が進んできた。
  • 水周りも含めて、時代にあわせた設備・間取りに変えたい。
  • せっかく大きな改装をかけるなら、何か活かせるアイデアがほしい。
  • どこかと違う雰囲気をだしたい。
  • 改装費を抑えたい。

さまざまなシーンに合わせてできるリノベーション。あなたが考える空間にチェンジします。

お問い合わせはこちら

     
  • メールでのお問い合わせ
  • リフォームの流れ
  • お客様のこえ
  • よくある質問
  • スタッフ紹介
  • 私たちにおまかせください!
  • オリコのローンシミュレーション
  • まもりすまいリフォーム保険
  • 一般社団法人 ベターライフリフォーム協会
  • 一般社団法人 ベターライフリフォーム協会内 リフォームたかもとブログ

お家の改装なら高元リフォーム 高元建設株式会社

〒343-0811
埼玉県越谷市御殿町2番11号
»map
TEL.048-966-1661
FAX.048-962-1661
お問い合わせはこちら
  • 会社情報
  • 協力事業者募集
  • 高元建設株式会社
PageTop